2012年11月27日

眉ツバでは済まされないコト。

11月27日(火)    11:35現在 晴れ/曇り




こんにちは。

昨日アレだけシッカリ降った雨の軍団は足早に通り過ぎた様で
今日は朝方の空模様はその名残があったが、今は概ね晴れの空
模様なんだが、北西の方からどかどかと大きな曇り猛スピードで
流れて来て、晴れを遮っている。

冷たい強風がびゅーびゅー吹いているので、日陰は露出部が
痛くなるほどの冷たさを感じる。

朝から予定のリハ通院。

帰りにはふとした出来心で何時ものルートを少し変えてみた。

途中で遭遇したのは銀杏の落ち葉の絨毯だ!

ソコは大きな寺院の傍を通る道であるが、大きな銀杏の樹が
数本立っていて、樹齢は多分数百年もの・・・と思える程の大
樹が数本、まっ黄っ黄の葉をこれ見よがしに拡げて立ってい
るのである。

多分昔は寺院の敷地の中であったんだろうが、時代の変遷で
市道になって今は市が管轄している様だ。

昨日の降雨とその後の強風の影響からか、幅5mほどの市道
路面の全てが隠れてしまうほどの銀杏の落ち葉で覆われてい
て、正しく黄色を基調としたグラデーションの絨毯を敷いている
状態だ。

ソレはソレは見事なものだ。
この時期にしか見られない鮮やかな色合いの道を通るワケで、
「おぉ!なんと美しい事よ・・・」と感嘆しきり、あ思わず足を止め
暫く眺めてしまっていた。

ソコで一句。

 ― 我知らず ふと足止める 大銀杏 ― <詠み人 私>



先日の三連休、少し余裕があってYou Tubeを彷徨っていた。

ソコでexclamation ソコでexclamation ソコで!トンデモない映像に遭遇したのだexclamation&question

ソレがコレらの映像だexclamation
   左斜め下
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=X63a8XU5f1g

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=zl8Hmko2wlo


驚愕!驚愕!・・・ 開いた口が・・・塞がらん! でしょう??

ウソでしょうこんなやつ!

ソレこそ昔、日本でも考古学者がわざわざ埋めて置いて「大発
見!」なんぞという、おバカな事件があったがね!

ソレと同じと違うんかねぇ〜〜?? と思いたくもなる程だわ!

何れにせよトンデモないビッグサイズの人骨らしきものだ。

ハッキリ言って「信じられなぁ〜〜い!」と正直思うんだが・・・。

ところがところがである。

こんな超デカイ人骨が世界で発掘されているのは一体どいう
ワケかいなぁ??

発掘された国はエジプト、ギリシャ、アフリカ、インド、中国etc
で次々と見つかっているという。

旧約聖書の「創世記」には、古代南アフリカには神と人間との
間に生まれた巨人種族「ネフィリム」がいたとされているそーだ。

古代のエジプト、メソポタミア、インダスの各々の文明の歴史に
はこの「ネフィリム」によって都市が創られ、統治支配されてい
たいう伝承があるという。

しかも現在は「眉ツバ」が有力とされている大西洋に存在したと
いう「アトランティス大陸」がその巨人種族の起源であるという。

しかし上のそれぞれの映像はどーもウソ臭い!

なんでか?ってあまりにもデカ過ぎだし、多分うん億年前から
地中に埋まっていたワリには全ての骨が綺麗過ぎるし・・・、

もしも!もしもですよ! こんなドデカイ人骨が本当のコトだっ
たとしたら、世界は大騒ぎしてるでしょ!
教科書だって扱いに困るほどでしょうが!

ソレなのに! だぁ〜〜れも騒がないのは・・・?

 「うっそピィ〜ン!」 だから! でんがな?


とは言えとは言え!

南アフリカで発見された2億年前の巨人の足跡のサイズは、
なんと120cmもあるそーだ。 しかも花崗岩に残った足跡
ですよ〜〜?
      ソレがコレ! 左斜め下
http://www.youtube.com/watch?feature=player_
embedded&v=dRuxw-nZoJw



私の足のサイズは約27cmで身長173cmだから、単純計算
で比例すると身長は約7m近いというコトになるのだexclamation&question


コレはトルコで発見されたという大腿骨
         左斜め下
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_
zaeega/imgs/b/b/bbec23ab.jpg



まぁ本物かどうか???

疑わしきは罰せずの精神で・・・。 

ソレにしても・・・だ。
現在の科学技術を駆使しても到底不可能な石組みで、しかも
カミソリの歯も入らないほどの隙間もなく、複雑に切削した巨石
を積み上げているなんて、一体どんな人間(?)が何の目的で
どの様にして作り上げたんだろうか??

不思議この上ない事実が一方では存在するのは確かだ!

あながち全ては「眉ツバ」では済まされないコトがある。

誰か解明して欲しい!!!



今日はココまで!

では!バイなら!
posted by うたかたん at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック